07/15/2012 

シンガポール データ復旧|ソニーVAIO デスクトップからのデータレスキュー

先日、マウスPCの電源ユニット交換修理をご相談頂いたお客様が、
別件で過去に使用していたVAIOが起動しないとご相談を併せて頂きました。
今回はソニーVAIO デスクトップからのデータ復旧について書きます。

HDDの規格がPATAであることから、最低でも7〜8年前のパソコンである
ことがわかります。今回はパソコン修理が目的ではなく、あくまでも
データ復旧です。

症状としてはBIOS起動→OS起動でフリーズ、リトライしても今度は
OSすら起動しない状態。非常に不安定です。

通常弊社のデータ復旧サービスをご利用のお客様には
データ復旧優先リストに、どうしても復旧したいデータを
記載して頂きます。このリストにあるデータのみを復旧するのと、
HDDの全容量を復旧するのとを比較すると、復旧費用に
大きな差が出てくるからです。

私も数年前に、NASのRAIDが壊れてしまい日本のデータ復旧会社に
見積りをお願いしたところ、1,000GBで数十万の見積りに驚いた記憶があります。

読み込めないHDD・SDカード・USBメモリから選択的にデータを
復旧することで、復旧費用を大幅に抑えることが出来ます。

初期診断では、HDDの状態を診断します。物理障害なのか
論理障害かの問題の切り分け作業から開始します。

今回のお客様の場合、HDDはなんとか稼働する状態、
しかしながらパソコンにマウント出来たり、出来なかったりと
非常に不安定な状態でした。

お客様に直ぐにご連絡させて頂き、無料初期診断の
ご報告をさせて頂きました。HDDの容量が80GBであること、
今の状態であればすべてのデータにアクセス可能な理由から
全容量のバックアップをお勧めさせて頂き、復旧続行の
ご指示を頂きました。

復旧結果ですが、100%のデータ復旧率です。

異音が聞こえ始めたり、HDDの異常に気づいた場合は
その場で直ぐにバックアップをとりましょう。1日待って
アクセス出来なくなる可能性は十分にあります。

OSが起動しない、USBメモリ・SDカードで”フォーマットしますか?”の
メッセージが表示される、大切な写真が読み込めないなど
データに関するトラブルのご相談はこちらのお問い合わせフォームから。

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact