01/30/2013 

シンガポール 富士通|BIBLO NF40-T Cドライブの容量不足

今回の案件はお客様が日本で購入された富士通の
BIBLO NF40-Tです。元々のHDD容量が80GBしかなく
なぜか初期設定でCドライブが30〜40GBに切ってありました。
 またHDDの規格がIDE PATAという旧規格のものになります。

HDDの健康を診断したところ、異常が無いことが分かりましたので
まず既存HDDのデータをBuffalo社製の外付けHDDにすべて退避させます。

その後、Cドライブのサイズが30〜40GBでは明らかに容量不足ですので、
可能な限り最大のサイズにパーティションを切り直してからOSの再インストール作業を開始します。

リカバリーディスクがあるとパソコン復旧作業が非常にスムースに
運べます。ネットブック・ウルトラブック等のノートパソコンを
ご利用中のお客様は、かならずご自身でリカバリーメディアを作成する
必要がございます。リカバリーデータがHDD内部に格納されている為、
まさかのHDD故障時にリカバリー出来ない状態になってしまうからです。

リカバリー・メディア作成についてのご相談・ご質問はこちらの
お問い合わせフォームからご連絡ください!

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact