08/09/2012 

シンガポール Apple 修理|iMac A1312 OSが起動しない不具合

本日のお客様はなんと某A社のお客様です。ご利用の
iMac A1312 27″ Late 2009モデルがアップルマークが表示され
た後から進めない不具合でご相談を受けました。

下の状態からまったく先に進みません。

今回のiMacがオーバーサイズ(27インチ 一体型)であることから、
例外的なサービスとして弊社スタッフがお客様ご自宅の
ロビーまでお伺いし、お預り致しました。

iMac全般に言えることですが、構造的な理由からどうしても
熱による不具合が多い気がします。

吸気口のメモリエリアが下記写真のようにダストによる目詰りが
起きてしまうと、内部に気流が生じなくなり、熱が内部に停滞してしまいます。

モニターパネルを取外してHDDにアクセスします。HDDをテストしたところ
Disc Utilityから認識されません。 HDDの交換修理になります。

HDDを取り出した際に気づいたのですが、電源・データケーブルに加えて
温度センサーケーブルがHDDに繋がっています。どうやらiMacは
HDDの温度を周辺・表面ではなく、HDDからダイレクトに情報を収集してるようです。

同じ形の温度センサーポートを搭載するHDDを使用せず、
他社のHDDに修理交換してしまうと、温度を感知出来無い理由から
内蔵ファンがマックススピードで回転し始める不具合が起きてしまいます。

今回は幸運にも同じ形の温度センサーポートを
搭載するHDDが入手出来ました。これで問題解決と思っておりましたが、
お客様からお預りした、リカバリーディスクがまったく読み込めません。
外付けDVD-ROM, 他のパソコンでも試しましたが使用不可の状態です。

仕方がないのでお客様の許可を頂き、最新OSのMountain Lionを
APPストアで購入しました。わずか2000円弱でOSが
購入出来てしまうのに改めて感動してしまいます。

新しいHDDに最新OSのMountain Lionをインストールすることで
iMacが完全に復旧しました。

本日お客様にご返却させて頂き、大変喜んで頂けました。
好きな仕事でお客様に喜んで頂けるのは大変幸せな事と
思っております。

iMac, Macbook, Macbook Air, iPhoneのトラブルの際は
弊社に是非ご相談ください。お問い合わせはこちらの
お問い合わせフォームから。

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact