02/16/2014 

シンガポール AutoCADデータ復旧|外付けHDDからのAutoCAD .dwgファイル・筆王 .fzdのデータ復旧

外付けHDDからのデータ復旧をご依頼頂きました。
対象はBuffalo HD-PVR320U2-WHになります。

症状としてドライブ自体はスピンアップするが、パソコンから
認識されない状態です。

お預り診断とさせて頂き、HDDにどのような不具合が発生しているのか
を慎重に見極めます。

診断の結果、セクタ障害が大量に発生しており、障害エリアのサイズも
かなり広範囲に及んでいる様子。

お客様に至急連絡を取り、HDDの状態をご説明、復旧するには
クローン作業が必要なことをお伝えして、ご同意頂きました。

障害が発生しているHDDでデータ復旧作業を行うことは弊社では
絶対に致しません。必ずクローンHDD上でのデータ復旧作業を
行うことで、オリジナルHDDの状態を最大限維持することが可能です。

今回はお預りしてから10日程かかりましたが、写真データ、
Office書類データをはじめ、筆王(.fzd), AutoCAD(.dwg)の
データも無事復旧することが出来ました。

また通常現地のデータ復旧会社に依頼すると、ファイル名がすべて
英語、又は乱数表示になりますが、弊社では日本語表示のフォルダ名、
ファイル名を維持することが可能です。

AutoCADのデータが入ったPCが起動しない!
筆王の住所が入った外付けHDDが認識されない!
日本語のファイル名、フォルダ名を維持したままでデータ復旧したい!

そんな際はヤークテクノにご相談ください。
お問い合わせは下部コメントフォーム、又はこちらのお問い合わせフォームから。

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact