06/08/2013 

シンガポール MacMini修理|外付けメディア・ネットワークから起動出来無い不具合

今回の修理案件は2012年モデルのMacMiniになります。

APPLEが販売しているパソコンのラインアップの中で最も
コスト・パフォーマンスが良いのがMacMiniではないでしょうか。

お客様からご相談頂いた不具合は、パソコンが起動しない。
このモデルは光学ディスクを省いた設計になっており、
拡張キットを購入すれば、既存のHDD+拡張HDDの構成が
可能です。お客様ご自身でSSD+HDDに拡張しており、
FUSION DRIVE化してご利用されていたとのことです。

お客様と一緒に外付けドライブからの起動を試すも見たことのない
エラーが表示されます。 外付け光学メディアからもダメでした。

お預り診断とさせて頂き、次にネットワークからの復旧を試みましたが、
またもやダメです。

この時点で、外付けメディア=X, 外付け光学メディア=X、ネットワーク=Xという
まるで修理をされるのを拒んでいるかのような状態。

SSDとHDD不具合の可能性を除外する為、メモリ交換を行い
MacMini内のSSDとHDDを取り出します。

MacMini2012は分解がしやすく、メンテンナンス・修理も効率的に
行える設計になってます。(電源ユニット交換、ロジックボード交換等)

取り出したSSDとHDDの健康診断を行なっても結果異常無し。
いよいよロジックボードを疑い始めたところでしたが、結果的に
まったく違う方法で問題なく外付けから起動成功。

無事インストーラが開始されて安心していると、最後の抵抗なのか
またエラーが。

この問題はなんなく解決し、最終的には完全復旧しました。

お客様にご返却する前にある程度の時間、動作検証を行い
システムが安定していること、フリーズしないことを確認してから
のお引渡しになります。

ヤークテクノのスタッフはMac3機、iPad3機、
iPhone2機持ちのヘビーなアップルユーザーです。
Apple製品の不具合のことなら、こちらの
お問い合わせフォームからご相談ください。

 

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact