08/23/2012 

シンガポール TOSHIBA アップグレード|TOSHIBA DYNABOOK CS/45F SSDアップグレード

今回の案件はTOSHIBA DYNABOOK CS/45F ノートパソコンです。
お客様から動作が非常に遅く、熱を持つ不具合でご相談頂きました。

弊社はパソコンをお持ち込みのお客様に対して、無料で
診断サービスをご提供しております。

今回もお客様とご一緒に不具合を確認・検証しました。
お客様のご指摘の通り、OSが完全に立ち上がるまでに
3分〜5分程かかりそうな程遅い状態です。ここまで遅いと
ストレスを感じる程です。

更にグラフィック・チップの真下(パソコン背面)が高熱になり、
熱で故障しそうな程の温度です。

お客様は最初メモリのアップグレードをご検討されておりましたが、
既に最大容量の2GBを搭載している状態で、追加は不可能な状態。

2008年モデルですので4年落ちのパソコンとなります。
このくらいのノートパソコンのHDDをSSDにアップグレードすることで、
劇的に動作が早くなり、まだまだ現役でご利用可能なことをお客様に
ご説明させて頂き、弊社のSSDアップグレード・サービスをお勧めさせて頂きました。

お客様からアップグレード続行の許可を頂いてから、
パソコンをお預りします。アップグレードの作業にかかる
日数は1〜2日になります。

リカバリーディスクからOSを新規にSSDにインストールし、
動作を確認したところ起動時間がおよそ60秒まで改善されました。

またデスクトップが表示された後、以前のHDDでは
すべての常駐アプリが起動するまでかなり待たされましたが
SSDにアップグレード後はわずか10秒ほど! 劇的な改善です。

SSDの良い所は速度はもちろんですが、熱を発しない、
衝撃に強いという特徴があり、ノートパソコンには
最高に適しています。

2〜4年落ちのノートパソコンの動作が遅い!
熱が気になる! パソコンを持ち運ぶ機会が多いので
HDDだと衝撃が心配! そんな際は是非弊社の
SSDアップグレード・サービスをご利用ください。
劇的な速度の改善を体感出来ます。

ご予約・ご相談はこちらのお問い合わせフォームから!

 

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact