06/11/2012 

iPhone水没修理サービス|復旧記録更新中

今回弊社の水没診断サービスをご利用下さったお客様は、服の中にiPhone4を入れたまま、
プールにダイブしてしまったそうです。

ホームページのお問い合わせフォームからご予約を頂き、弊社にiPhoneをお持ち頂いた
際の状態は、電源ボタンを押しても電源が入らない状態でした。

こちらの記事をお読みの方は既にご存知かと思いますが、一度水没したiPhoneは
完全分解→ロジックボード洗浄→乾燥の工程をしっかり行わないと、腐食が発生し
二次的な損傷が起きる可能性がございます。 下写真の赤丸の部分で腐食がすでに
進行している状態です。

いつものようにまずiPhone4を分解していきます。

ドック・ポート裏側の水没センサーが赤くなっているのがわかると思います。
このような水没センサーが, iPhoneの内部複数の場所に導入されています。

ロジックボード、デジタイザー・コネクター部分を含め、丁寧に洗浄して行きます。
その後は乾燥の工程に移ります。

水没修理に必要な具体的なパーツは、乾燥後の動作テストを行うまで
わかりませんが、過去事例からもバッテリーとドック・ポート フレックス ケーブルは
ほぼ確実に交換となります。

さて今回の水没修理の結果ですが、、、

無事復旧しました! データも完全保持の状態です。
弊社スタッフが基本的な動作確認をして、致命的な問題が無いことを確認してから、
お客様へお渡しさせて頂きました。

水没したiPhoneの修理に関しましては、どの修理業者に依頼しても100%の
復旧率は残念ながら難しいのが現状です。 

しかしながら、経験と知識が豊富なiPhone修理業者であれば70%〜90%の
復旧率は可能な範囲かと思います。

弊社ではiPhoneの水没からの復旧率90%オーバーを目指し、これからも
邁進していく所存です。

iPhoneをプールに落とした! iPhoneをトイレに水没させた! iPhoneをキッチンで
水没させた! iPhoneが雨に濡れて壊れた! そんな時はヤークテクノの
水没診断サービスをご利用ください!  マレーシア・インドネシア・タイ
ベトナム、その他アセアン諸国にお住まいのお客様からのご相談・水没診断サービスを
受付開始しております。まずはこちらのお問い合わせフォームからご相談・お問い合わせください!

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact