07/12/2012 

iPhone 水没 不具合|水没修理後のフロントカメラの不具合

今回の水没診断・修理案件はiPhone4です。
先日バック内で水没してしまったお客様から
お預りしたものになります。

水没診断・修理のルーティン作業を行い、今回も無事起動を確認、
データも完全保持の状態です。

現在に至るまで、弊社の水没診断・修理サービスの復旧率は
100%になります。 (データ完全保持の状態で、起動しなかった
iPhoneが起動する状態まで復旧)

しかしながら、復旧後の不具合については
多種多様で予測がまったく出来ないのが現実です。

代表的な水没修理後の不具合:

1. 充電が出来無い(電源管理ICチップ損傷)
2. 水による影響でタッチセンサーに不具合発生
3. WiFi & Bluetoothが使用出来無い
4. 電波の受信感度が弱い
5. フロントカメラに切り替えた状態で元に戻れない

今回は上記5の、フロントカメラに切り替えた状態から、元に
戻れない不具合の解決方法をご紹介致します。

水没修理を行なっている専門店では水没修理後の
動作テストの中に当然カメラの動作テストも含まれております。

バックカメラの動作を確認後、フロントカメラに切り替えた瞬間から、
カメラ・アプリがフリーズします。

この状態から何をやっても抜け出せなくなります。

フロントカメラの不具合は、ロジックボードの損傷から
発生していると思われますので、諦めるとしても
バックカメラが使えないのは致命的です。

弊社で確認した100%の確率で脱出する方法は
設定→一般→リセットをする方法です。

設定のみのリセットで問題ありません。
再アクティベーションが必要になる場合が
ありますので、SIMカードがiPhone内に
入っている必要があります。

リセット後、無事デフォルトのバックカメラが起動し
問題なく使用出来るのを確認しました。

iPhoneを水没してしまい、データ・写真をどうしても
復旧されたいお客様、100%復旧実績がある
弊社の水没診断・修理サービスを是非ご利用ください!
水没のご相談・診断依頼はこちらのお問い合わせフォームから。

マレーシア・インドネシア・タイ・ベトナムのお客様も
是非弊社の水没診断・修理サービスを国際郵送にて
ご利用ください! 詳細はこちらから

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact