05/14/2012 

iPhone 4|スクリーン・パネル割れ(画面割れ)の修理内容

本日は朝から大変忙しい一日でした。 少しづつ弊社のサービスが
シンガポールにお住まいの日本人の皆様に認知されてきている実感がしております。

さて本日はiPhoneの故障原因NO1、スクリーン・パネル割れ(画面割れ)の修理内容を
書かせて頂きます。 本日のお客様はiPhone4が手から滑り落ちてしまい、画面がグチャグチャに
割れてしまっている状態でした。 お客様は最初にiPhoneを購入した
Starhub (スター・ハブ)に持っていかれて修理出来ない旨を伝えられたそうです。

弊社では約1時間程で、スクリーン・パネルの交換修理を行います。
弊社の作業時間は早い方ではありませんが、弊社では丁寧に、
綺麗に(指紋、指油がつかないように)、確実に修理を行なっていますので、
今後も修理に速さの追求は致しません。

左が修理前、右が修理後のiPhone4 (スクリーン・パネルを取り替えたところ)

こちらでもご紹介していますように、安易に値段だけでiPhoneの修理店を選んでしまうと、
画面が真っ黄色なLCDが結合されたスクリーン・パネルが修理パーツとして
使用される可能性がありますのでご注意ください。 市場に出回っている
修理パーツ(液晶)は8割くらいが黄色い物ですので、オリジナルに近い
カラー・プロファイルの修理パーツをを仕入れるのは大変に困難な作業となります。

修理完了後、お客様にはiPhoneの事故再発防止の為に
iPhone 4 / iPhone 4S用のバンパーケース ピンク色をお勧めさせて頂き、
ご購入して頂きました。

ピンクの部分が柔らかいラバーで出来ている為、握った時のグリップ感が
全然違います。 つるっと滑る事故が防止できます。また装着すると本体の
全面・背面とバンパー・ケースのラバー部分に多少の段差が出来る為、
うっかり落としてしまった際に、固いものが本体を直撃する確率が格段に下がります。
(ラバーに当たる確率の方が高くなる為)

また修理前にシム・カードのトレイが変形しているのに気づきましたので、
スペア・パーツをお勧めさせて頂き、交換させて頂きました。 最後に
保護フィルムを前面、背面に貼らせて頂き、ほぼ完全防備状態の
ピカピカのiPhone4をお渡しさせて頂きました!

スペア・パーツはその他にも、バック・プレート、シム取り出しピン、シムカード・アダプター
電源ケーブル等ございますので、無いだろうなと思われてもiPhoneのことでしたら
お問い合わせください!ご要望が多いものは新規に取り扱います。

iPhoneのスクリーン・パネル割れ(画面割れ)のご相談・修理予約はこちらから

 

コメントを残す

Search
Switch your language
News
Promotion
Social Network
FACEBOOK
Contact